シンガポールのチャンギ国際空港でのSIMカード購入場所


ここではシンガポールのチャンギ国際空港でのSIMカード購入場所を説明したいと思います。

チャンギ国際空港はターミナルが4つもある巨大空港です。到着後SIMカードを購入するために広い空港を右往左往するかもと心配するかもしれませんが、購入する場所もたくさん用意されていますので心配ご無用。各ターミナルの到着ロビーで販売されています。

チャンギ国際空港

ちなみに、日本からはJAL便がターミナル1、ANA便がターミナル2、シンガポール航空がターミナル3を使うことになります。

シンガポールのSIMカード情報はこちらのページにまとめていますので、どのSIMカードがご自身の使用方法に合っているかを確認しておきましょう。

【シンガポールSIM】Singtel・StarHub・M1からおすすめの通信プランを選ぶ

Travelex 両替所

各ターミナルの到着ロビーにあるTravelexという両替所ではSingtelの観光客用SIMカードが販売されています。

営業時間:24時間

Cheers

ターミナル3の到着ロビーにあるCheersというコンビニでSingtelの観光客用SIMカードが販売されています。

営業時間:9 am-9 pm

Changi Recommends

チャンギ国際空港でよく目にするチャンギ・レコメンズという観光案内所でSIMカードが購入可能です。各ターミナルに2、3箇所あります。

ほとんどのカウンターでSingtelが購入することができますが、M1はターミナル4で飲み購入することができます。

営業時間:24時間(一部店舗は営業時間が違います)

StarHubカウンター

通信会社のStarHubは空港に販売カウンターを持っています。

StarHubは7日間100GBのデータ通信が利用できる観光客用のSIMカードを販売しています。このSIMカードはStarHubカウンターだけではなく下のUOB両替所やTravellers観光案内所でも購入可能です。

営業時間:7 am-0 am (T1,T2,T3) 7 am-11 pm (T4)

UOB 両替所

各ターミナルの到着ロビーやバゲージクレームにあるUOBという両替所ではStarHubの観光客用SIMカードが販売されています。

営業時間:24時間

Travellers

ターミナル2と3にあるTRAVELLERSという観光案内所でもStarHubのSIMカードを販売しています。

営業時間:7 am-11 pm

Changi Meet & Greet

チャンギ・ミート・アンド・グリートも観光案内所です。各ターミナルの到着ロビーにありM1のSIMカードが購入することができます。

営業時間:6 am- 0 am (一部店舗は24時間営業)

日本で購入しておくことも可能

アジア各国対応の周遊SIMカードならアマゾンで購入することもできます。到着してすぐにスマホを使いたい方や購入場所を探すのが面倒という方は、日本で先にSIMカードを購入しておきましょう。

初心者へのおすすめはモバイルWi-Fiです!

このサイトで紹介している海外のプリペイドSIMカードは、SIMフリースマホかSIMロックが解除されたスマホが必要になります。SIMロックのかかったスマホでは使用することができませんので注意です。もし、SIMカードの購入に不安がある場合はモバイルWi-Fiをレンタルすることをおすすめします。

こちらのページでも詳しく説明しています。時間のあるときに読んでみてください。
海外でスマホを使いたいなら!モバイルWi-Fiをレンタルしよう!

Wi-HO!(ワイホー)では最大40%オフになるキャンペーン中です。詳しくは下記の公式サイトでキャンペーン内容をチェックしてみてください。