【フランスSIM】現地SIMカードの通信プランの説明とおすすめSIMカードについて


フランスには通信キャリアが4つあります。OrangeSFRBouygues Telecomに加え、​新興キャリアのFree Mobileです。

その中でFree Mobileが大手3社の後を追っているという状況です。Free MobileのSIMはショップに行かないと購入できませんが、大手3社のSIMカードはコンビニなどで購入可能なので容易に入手することができます。

​ここではOrange, SFR, Bouygues Telecom, Free Mobileの4社のプリペイドSIMプランを比較します。

4G/LTE周波数帯

Orange B3 (1800 +) B7 (2600) B20 (800 DD) B28 (700 APT)
SFR B3 (1800 +) B7 (2600) B20 (800 DD) B28 (700 APT)
Bougues Telecom B1 (2100) B3 (1800 +) B7 (2600) B20 (800 DD) B28 (700 APT)
Free Mobile B3 (1800 +) B7 (2600) B28 (700 APT)

購入場所

シャルルドゴール国際空港

シャルルドゴール国際空港には通信キャリアのショップはありませんが、RELAYという売店があり、Orange、SFR、Bouygues telecomMVNOのSIMカードが購入可能です。

売店などで購入する際の注意点として、売店の店員はSIMカードを販売するのみで登録作業や開通作業をすることはありません。売店で購入した場合は自分で開通作業をすることになります。Orangeは下でも説明していますが、SIMカードについてくる説明書に日本語訳が付いてきますので、初めての方でも安心です。

日本でSIMカードを事前に購入する

ヨーロッパ各国で使用できる周遊SIMカードというものが日本でも何種類か販売されています。フランスのSIMカード価格の相場は3000円〜4000円程度なので、価格は同額程度で購入できます。

空港に到着してから販売店を探す手間や店員とのコミュニケーションの問題を考えると、SIMカードを日本で事前に購入しておく方法もおすすめです。現地に到着した後にSIMカードのアクティベーションをします。到着後すぐにネットが使用できるので、入国審査待ちの列で待っている間にメールチェックやSNSを使うことができます。

Amazon.co.jpで買う
AIS プリペイドSIMカード データ通信 15日 4G/3G
  • AIS-SIM2FLY
  • 販売者 国内・海外通信専門店 【どこでもネット】(当日16時までのご注文は当日発送、日曜以外毎日発送)

Orange

orangeフランスでは一番大きな通信キャリアです。街中でもOrangeのショップはよく目にします。

Orange Holidayという観光客用のSIMはシャルルドゴール空港のRELAYという売店で購入することができます。ここではカードを販売しているだけなので、開通作業は自分ですることになります。パッケージに日本語訳が付いていますので初めてでも問題ないかと思います。

Orange Holiday(観光客用 通話+データ通信)

Orange Holiday
  • 価格:EUR 39.99(約5000円)
  • 利用期間:14日
  • 通話:120分(日本含む)
  • SMS:◯(日本含む)
  • データ通信容量:10GB
  • 4G/LTE通信:◯
  • 周波数帯:800MHz(B20) 2600MHz(B7)
  • SIMサイズ:マルチSIM(標準/Micro/Nano)
  • Wi-Fiサービス:◯
  • ローミング:ヨーロッパ圏◯
  • APN:orange.fr
    • Username: orange
    • Password: orange

備考
開通手順:225に電話
​残高期日確認:#123#にダイアル
SIM有効期限:6か月

トップアップ

方法1. オンライン – フランスで発行されたクレジットカードのみ使用可能

方法2. コンビニなどで14桁のトップアップコードを購入。#124* + (14桁のコード)にダイアルする


Orange Holidayが一般的によく目にするプリペイドSIMカードになります。ヨーロッパのSIMカードは東南アジアに比べ全体的に割高ですが、約5000円はかなり高いですね。以前は同じ値段で2GBだったので、その頃に比べたら増量しています。



ヨーロッパ圏内のローミングについて

ヨーロッパではローミングの規制が緩和され、国内と同じプラン内容をヨーロッパ各国で使用できるようになりました。特に設定も必要なく同じように国外で使えるので、ヨーロッパの国を回られる方には便利です。

Orange Holidayは以下の国、地域で使用可能です。
アンドラ、アゾレス諸島、オーランド諸島、ドイツ、オーストリア、バレアレス諸島、ベルギー、カナリア諸島、キプロス、ケルキラ島、クレタ島、キクラデス諸島、クロアチア、デンマーク、スペイン、エストニア、フェロー諸島、フィンランド、フランス、ジブラルタル、ギリシャ、ガーンジー島、ハンガリー、アイルランド、アイスランド、イタリア、ジャージー、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マデイラ諸島、マルタ、マン島、ノルウェー、オランダ、ポーランド、ポルトガル、チェコ共和国、ロードス島、ルーマニア、イギリス、サンマリノ、サルデーニャ、シチリア島、スロバキア、スイス、バチカン

OrangeのSIMカードはAmazonで購入可能ですが、在庫状況により価格が変動します。

SFR

SFR2番目に大きな通信事業者です。​SFRのSIMカードもシャルルドゴール空港の売店RELAYで購入可能です。

売店購入の場合は自分で開通作業をすることになります。

Welcome Prepaid SIM(観光客用)

こちらのSIMはRELAYやTOBACショップでのみ販売となっています。

Welcome Prepaid SIM
  • 価格:EUR 34.99(約4300円)
  • 利用期間:14日
  • 通話:60分(日本含む)
  • SMS:◯(日本含む)
  • データ通信容量:5GB
  • 4G/LTE通信:◯
  • 周波数帯:800MHz(B20) 2600MHz(B7)
  • SIMサイズ:マルチSIM(標準/Micro/Nano)​
  • ​テザリング:◯
  • APN:wapsfr

備考:開通作業:963に電話 / 残高照会:950に電話

​La Carte

La Carte
  • 価格:EUR 3.99(SIM代+EUR 10クレジット)約500円
  • 4G/LTE通信:◯
  • 周波数帯:800MHz(B20) 2600MHz(B7)
  • SIMサイズ:マルチSIM(標準/Micro/Nano)​
  • テザリング:◯
  • APN:wapsfr

備考:開通作業:963に電話 / 残高照会:950に電話

こちらはSIMを購入した後、下のトップアップをすることで好きな使い方ができるというものです。通話だけでいいとかデータ通信メインにするとか選べるので、用途がわかっていれば便利です。

通話+データ通信用トップアップ
利用期間 価格 通話 データ通信
5日間 EUR 5 60分 20 MB
10日間 EUR 10.99 無制限 500 MB
30日間 EUR 20.99 無制限 1 GB
30日間 EUR 30 無制限 2 GB
データ通信用トップアップ
利用期間 価格 データ通信
2日間 EUR 5 200 MB
10日間 EUR 10 1 GB
30日間 EUR 35  4 GB

観光客用SIMカードは14日間5GB使えて約4300円です。



bouygues telecom

3番目に大きな通信事業者です。こちらもCDG空港のRELAYで購入可能です。

Carte Prépayée​

Carte Prépayée​
  • 価格:EUR 10(SIM代+EUR 4クレジット)(約1200円)
  • 通話:◯(日本を含む)
  • SMS:◯
  • 4G/LTE通信:◯
  • 周波数帯:800MHz(B20) 1800MHz(B3) 2600MHz(B7)
  • SIMサイズ:マルチSIM(標準/Micro/Nano)
  • ​APN:mmsbouygtel.com

備考:使い終わったSIMは12か月間有効​

SIMカードを購入し、使用分のみトップアップするタイプです。最低限の通信環境を安価に構築するなら選択肢に入れてもいいかもしれません。データ通信5GBの値段を他社と比べると割高ですね。

Free Mobile

Free MobileのSIMカードを購入するためにはFree Centerと呼ばれるショップに行かなければ購入できません。シャルルドゴール空港に一番近いFree Centerは少し距離のあるショッピングモール内にあります。到着後そのショップに立ち寄るのは面倒だと思うので、最終目的地付近でショップを探すことになると思います。都心部には数多くショップがありますので事前にショップの場所を確認しておきましょう。 Free Center所在地

​SIM販売機

Free Centerに入るとSIMカード購入用の自動販売機がたくさん並んでいます。言語表示はフランス語のみですが、プランを選択したり簡単な登録作業なので特に問題はないと思います。近くに定員もいますので手伝ってもらうこともできます。観光客の方はホテルの住所を入力し、クレジットカードでSIMカードが購入できます。SIMサイズは標準/マイクロとナノサイズの2種類から選択なので、お使いの端末のSIMサイズを調べておきましょう。

選択する契約プランは2つあります。
SIMプラン説明ページ(フランス語)
SIMカード代は別途10ユーロ必要になります。

2ユーロのプラン

Free Mobile 2ユーロ SIMプラン
  • 価格:EUR 2(カード代は別途EUR 10)(約1500円)
  • 利用期間:31日
  • 通話:2時間(日本へは固定電話EUR 0.08/分・携帯EUR 0.19/分)
  • SMS:フランス国内◯ 日本は×
  • データ通信容量:50MB(3G環境では20GB)
  • 4G/LTE通信:◯
  • 周波数帯:2600MHz(B7)
  • SIMサイズ:標準/MicroもしくはNano
  • Wi-Fiサービス:◯(SSID: FreeWiFi_Secure)
  • ローミング:別料金
  • APN:free

19.99ユーロのプラン

Free Mobile 19.99ユーロ SIMプラン
  • 価格:EUR 19.99(カード代は別途EUR 10)(約3700円)
  • 利用期間:31日
  • 通話:無制限(日本へは固定電話のみ・携帯はEUR 0.19/分)
  • SMS:フランス国内◯ 日本は×
  • データ通信容量:100GB(3G環境では20GB)
  • 4G/LTE通信:◯
  • 周波数帯:2600MHz(B7)
  • SIMサイズ:標準/MicroもしくはNano
  • Wi-Fiサービス:◯(SSID: FreeWiFi_Secure)
  • ローミング:◯
  • APN:free

​2ユーロのプランですがデータ通信容量の50MBを使用した後でも、低速で使用できるのでメールくらいならストレスなくできそうです。Wi-Fiサービスも提供しているので12ユーロで最低限の通信環境がフランスで確保できるのはお得なプランだと思います。

​​19.99ユーロのプランは初期にかかる費用がSIM代込みで29.99ユーロ。日本円で約3900円です。(2017/08現在) 使用できるデータ容量が100GBととても多いのが特徴です。海外に行ってまでネット動画を見続けることはないでしょうから、旅行でフランスに行くなら充分過ぎるくらいですね。

FreeMobileのSIMカードは実際に使ってみました。使用した感想など詳細はこちらのページで書いています。

Freeモバイル - プリペイドSIM購入レポート
フランスに旅行した際、現地の通信会社free mobileのSIMカードを購入しました。ここではfr...



まとめ

フランスのおすすめは?

おすすめはfree mobileです。しかし、あまりアクセスのいい場所にショップがあるとは言えません。ショップの所在地と予定している滞在先や訪問予定の場所を見比べて、渡航前にショップの場所を調べておきましょう。Freeの29.99ユーロプランのSIMカードを買っておけば、滞在中はデータ通信容量を気にせず使用でき、使用していない分は後で返金もされるのでおすすめです。

ヨーロッパを周遊されるならFreeOrange Holidayがおすすめです。Orange Holidayはフランス国内でも入手しやすくコンビニなどで購入可能です。

Amazonではフランスで使用できるSIMカードを購入することもできます。現地で購入する手間を省くことができ、日本語で説明書が付属しているものもあるので、フランス語がわからなくても安心です。

初心者へのおすすめはモバイルWi-Fiです!

このサイトで紹介している海外のプリペイドSIMカードは、SIMフリースマホかSIMロックが解除されたスマホが必要になります。SIMロックのかかったスマホでは使用することができませんので注意です。もし、SIMカードの購入に不安がある場合はモバイルWi-Fiをレンタルすることをおすすめします。

こちらのページでも詳しく説明しています。時間のあるときに読んでみてください。
海外でスマホを使いたいなら!モバイルWi-Fiをレンタルしよう!

Wi-HO!(ワイホー)では最大40%オフになるキャンペーン中です。詳しくは下記の公式サイトでキャンペーン内容をチェックしてみてください。