Freeモバイル – プリペイドSIM購入レポート


フランスに旅行した際、現地の通信会社free mobileのSIMカードを購入しました。ここではfree mobileの購入場所や買い方、使ってみた感想などを詳しく説明していきたいと思います。フランス国内にある他の通信会社のSIMカード情報についてはこちらのページで読むことができます。

【フランスSIM】現地SIMカードの通信プランや販売場所について
フランスには通信キャリアが4つあります。Orange、SFR、Bouygues Teleco...

フランスには大手の通信会社として

  • Orange
  • SFR
  • Bouygues Telecom

の3社があります。Free Mobileはフランス国内では後発の通信会社に当たりますが、他社に価格で対抗していて健闘しているようです。

旅行に行く際はその国の通信状況やSIM情報を調べるのですが、Free Mobileのレビューがなかなか良かったのでFree MobileのSIMを購入してみようと思いました。

購入はサービスセンターの販売機で

大手通信会社のSIMはシャルル・ド・ゴール空港の売店などで購入することができるんですが、Free MobileのSIMは空港の売店では販売していません。空港で購入できるのは旅行者にとって大変便利なので、この部分はちょっと残念な部分です。空港で購入できるのはOrange、SFR、Bouygues Telecomの3社のみ。FreeMobileのSIMカードはFreeMobileサービスセンター、Maison de la PresseもしくはMag Presseで購入することができます。シャルル・ド・ゴール空港近くのAerovilleというショッピングモールにサービスセンターがありますが、車で10分ほどかかるようです。

サービスセンターはFreeセンターと呼ばれていて、フランス全土にあります。

Free Center所在地マップ(郵便番号を入力して検索)

2種類あるプランから自分に合ったものを選ぶ

購入できるプリペイドSIMカードは2ユーロプランと19.99ユーロプランの2種類あります。

2ユーロのプランは安いのですが、4Gでの高速通信が50MBと少し通信容量が少なめ。3G通信は20GBあるので通話やメールチェックなど通信速度を気にしないなら、2ユーロのプランでもいいかと思います。

一方、19.99ユーロのプランは高速通信の容量が100GBです。他社が5GBや10GBのプランを提供している中、Free Mobileの100GBは飛び抜けています。なかなか使いきれる通信容量ではないです。マップやレストランを調べたりするならこちらのプランがいいかと思います。

周波数帯はバンド7の2600MHzのみなのでお使いの端末の対応周波数帯はチェックしておきましょう。

FreeMobileは独自のWi-Fiネットワークを国内で提供しています。SIMを購入したユーザーは無料で使用できるのはポイントです。いざという時に役に立つかもしれません。

2ユーロのプラン

Free Mobile 2ユーロ SIMプラン
  • 価格:EUR 2(カード代は別途EUR 10)(約1500円)
  • 利用期間:31日
  • 通話:2時間(日本へは固定電話EUR 0.08/分・携帯EUR 0.19/分)
  • SMS:フランス国内◯ 日本は×
  • データ通信容量:50MB(3G環境では20GB)
  • 4G/LTE通信:◯
  • 周波数帯:2600MHz(B7)
  • SIMサイズ:標準/MicroもしくはNano
  • Wi-Fiサービス:◯(SSID: FreeWiFi_Secure)
  • ローミング:別料金
  • APN:free

19.99ユーロのプラン

Free Mobile 19.99ユーロ SIMプラン
  • 価格:EUR 19.99(カード代は別途EUR 10)(約3700円)
  • 利用期間:31日
  • 通話:無制限(日本へは固定電話のみ・携帯はEUR 0.19/分)
  • SMS:フランス国内◯ 日本は×
  • データ通信容量:100GB(3G環境では20GB)
  • 4G/LTE通信:◯
  • 周波数帯:2600MHz(B7)
  • SIMサイズ:標準/MicroもしくはNano
  • Wi-Fiサービス:◯(SSID: FreeWiFi_Secure)
  • ローミング:◯
  • APN:free

SIM販売機での購入

freemobileキオスク

Free Centerに入ると左の画像のようなSIMカード購入用の販売機がたくさん並んでいます。店員にSIMカードを購入したいと伝えると、自販機で購入してと言われます。私はフランス語はさっぱりわからないので英語で伝えまし

キオスクの言語表示はフランス語のみ。少し心配でしたが、特に問題もなく購入することができました。プランを選択したり、簡単な登録作業なので特に問題はないと思います。住所登録の画面では観光客はホテルの住所を入力すればOKです。支払いはクレジットカードでできます。質問があれば近くの店員に手伝ってもらうこともできるので安心です。

SIMサイズは標準/マイクロとナノサイズの2種類から選択することになります。最近のスマートフォンはナノSIMを使用する端末が多いですが、お使いの端末のSIMサイズを一度調べておきましょう。

使用してみての感想

購入後、SIMを使用するiPadに挿入すると同時に認識し使用開始できました。余計な設定をする必要もなく、簡単に利用開始できるのは助かります。

使用感としては、スピードに問題もなく、ストレスなく通信できます。郊外へ移動する時に電車を使いましたが、途中の農村部で3G通信になることもありましたが、おおむね安定した4G通信でした。

未使用分の払い戻し

freemobileを使ってびっくりしたのは未使用分を払い戻してくれるという点です。いろいろなくでSIMカードを購入しましたが、初めての経験だったので驚きました。

購入後、登録したメールアドレスに購入したSIMカードの領収書がPDFファイルで届きます。そして1ヶ月後くらいにも同じようなメールがまたきます。そこに-18.70ユーロという記載があったので、気になり翻訳してみました。翻訳してみると「払い戻しクレジット」とあり、データ換算で未使用分を返金してくれるということでした。

銀行口座を調べてみると確かに返金されていました。

  • 購入金額:3,780円
  • 返金額:2,342円!

1週間フランスに滞在しましたが、たったの1,438円で通信できたことになります。これは他社に比べて圧倒的に格安です。

フランスではFree Mobileを使うようにしましょう。購入場所だけ確認しておく必要がありますが、フランスではFree MobileのSIMカードをおすすめします。かなりの節約になります。

Amazon.co.jpで買う
初心者へのおすすめはモバイルWi-Fiです!

このサイトで紹介している海外のプリペイドSIMカードは、SIMフリースマホかSIMロックが解除されたスマホが必要になります。SIMロックのかかったスマホでは使用することができませんので注意です。もし、SIMカードの購入に不安がある場合はモバイルWi-Fiをレンタルすることをおすすめします。

こちらのページでも詳しく説明しています。時間のあるときに読んでみてください。
海外でスマホを使いたいなら!モバイルWi-Fiをレンタルしよう!

Wi-HO!(ワイホー)では2月28日まで最大40%オフになるキャンペーン中です。詳しくは下記の公式サイトでキャンペーン内容をチェックしてみてください。