海外でもスマホを使いたい!を解決する4つの方法

海外旅行はもちろん、留学や海外出張の時でも、日本で使っている自分のスマホを現地でそのまま使いたいですよね。特に海外旅行では観光スポットを調べたり、評価の高いレストランの場所を調べたり、スマホが使えるか使えないかで海外の楽しみ方が大きく変わってきます。

しかも最近ではSNSの更新を海外でもしたいという方も増えています。観光スポットやレストランに行ったらリアルタイムにSNSを更新したいものです。更新したいと思った時にスマホがネットに繋がっていないとテンションも下がってしまいます。

でもスマホが使えたら便利なのはわかるけど、どうすればいいか分からないと思っている方もいるんじゃないでしょうか?設定方法がわかりにくい、何を用意すればいいのかわからないなど、わからないにも理由はいろいろあるかと思います。

「海外で自分のスマホを使う」と一口に言っても、インターネットにつなぐ方法は一つだけではありません。複数あるのでどういった方法があるのか覚えておきましょう。自分に合った方法を選ぶ必要があり、状況によって使い分けていくのが賢い使い方だと思います。

ここでは4つの方法を紹介していきたいと思います。

  • 国際ローミングサービスを利用する
  • 公衆無線LANへ接続する
  • モバイルWi-Fiをレンタルする
  • プリペイドSIMを購入する

国際ローミングサービスを利用する

国内通信キャリアが提供している定額サービスです。

【国際ローミング】知っておきたい各社の料金と使い方
日本で契約している携帯やスマホをそのまま海外で利用することを「国際ローミング」といいます。国際ローミ...

公衆無線LANへ接続する

次に紹介するのは公衆無線LANに接続するという方法です。追加料金もかからず簡単にネットができるので初心者の方にもオススメの方法です。

  • メリット:無料・接続は簡単・SIMロックのかかったスマホでもOK
  • デメリット:Wi-Fiスポットを探す必要がある

海外に行くと空港ショッピングセンター公共施設で無料で接続できるWi-Fiというものが飛んでいます。

海外だからといって接続方法は国内でやるのと同じです。接続方法としては設定画面でSSIDといわれるWi-Fiアクセスポイントを選択し、パスワードが必要であればパスワードを入力し接続します。特に難しいということはないかと思います。

接続時によくあるのが認証画面というものです。Wi-Fiに接続した時に認証画面に切り替わり、メールアドレスなどの情報を入力後、認証されるとWi-Fiサービスを使用できるというもの。認証画面は英語で表示されることが多いです。少し手間はありますが、無料でネットを使うことができるのでこの方法にも慣れておきましょう。ホテルなどで多いような気がします。

公共施設の他にもレストランカフェなんかでもWi-Fiサービスを提供しているところが多いです。レストランなどではレジの横やテーブルの上にネットワーク名とパスワードが書かれた札があるのをよく目にします。もしWi-Fiは飛んでいるけど、パスワードが分からないという時は、「Wi-Fiのパスワードを教えてください」と店員に聞けば問題なく教えてもらえます。

国によっては観光客用に無料のWi-Fiサービスが提供されていたりもします。台湾では観光客用のWi-Fiネットワークが提供されています。観光案内所で登録する必要はありますが、いたるところにあるWi-Fiスポットに接続できるようになるのでオススメです。

モバイルWi-Fiをレンタルする

国際空港でモバイルショップのカウンターを見かけたことがあるかと思いますが、そこで借りられるのが海外でもネット通信を可能にするモバイルWi-Fiです。

一般的にモバイルWi-Fiの中には現地通信会社のSIMカードが入っています。現地通信回線をWi-Fi経由で使用できるので、使用方法としては国内で使用するのと同じようなWi-Fi接続で通信が可能です。公衆無線LANと比較すると、モバイルWi-Fiは場所を選ばないというのが特徴です。

レンタルをする場合、直接カウンターに行くのもいいですが、時間がある場合はネット予約を事前にしておきましょう。カウンターでの受け取り時の時間の節約にもなります。モバイルWi-Fiの使用では本体のバッテリーを気にする必要があるので、モバイルバッテリーをオプションでレンタルすることもできます。

レンタルしたモバイルWi-Fiは帰国時にカウンターで返却する必要があります。返却時に使用料金の清算がされるので、返却を忘れてしまうとその分も料金が加算されてしまうので気をつけましょう。

  • メリット:接続は簡単・複数端末で使用OK・グループでの使用で料金を割り勘にできる・SIMロックのかかったスマホでもOK
  • デメリット:料金がかかる・レンタルと返却の必要がある

モバイルWi-Fiをレンタルしている代理店というのはいくつかあります。イモトのWiFi グローバルWiFi テレコムスクエア など、皆さんも広告を見かけたことがあるかと思います。

料金は使用する国データ通信プランにより異なります。詳細な料金はサイトで調べる必要がありますが、キャンペーンなどもよくやっているので各社のサイトをチェックしてみてください。

プリペイドSIMカードを購入する

現地の通信会社のプリペイドSIMカードを購入し、自分のスマホに挿入します。そうすることで現地の携帯電波を受けることができるようになり、普段国内で使っている携帯電話と同じように使うことができます。

海外の空港には通信会社のショップが税関の近くや到着ロビーにブースを構えています。プリペイドSIMカードを購入したい場合、そこで購入することができます。日本語は通じないので英語を使うことになりますが、片言でも心配はいりません。何日滞在するか、通話が必要かデータ通信だけでいいのかを伝えると店員がSIMカードを出してきてくれます。国によってはパスポート情報を登録する必要があるのでパスポートを提示するように言われることもあります。

通信会社のショップ等で購入する場合、店員が開通手続きをしてくれることがあります。その場合は店員にやってもらい、ネットにつながることをその場で確認しましょう。急いでいるからといってSIMカードだけ購入するのは避けましょう。あとで自分で設定しようとして、もし自分でできなかった場合、ショップに戻って手続きをやってもらうことになります。かなりの時間をロスしてしまうことになってしまいます。

  • メリット:国内と同じようにスマホが使えるようになる・価格も割安
  • デメリット:SIMフリースマホかSIMロックを解除されたスマホが必要・設定がわかりにくい時もある

プリペイドSIMカードを使いたい場合、SIMフリーのスマホ、もしくはSIMロックが解除されているスマホを持っている必要があります。持っているスマホがそうでない場合は使用することができません。

開通のやり方は会社によって異なりますが、簡単な場合はSIMカードを挿入するだけで通信が可能になります。登録が必要になる場合は店員にやってもらうことになります。

海外旅行で使うSIMカードのアクティベーション方法(iPhone/iPad編)
​プリペイドSIMを購入した後、実際に使用するためには開通作業(アクティベーション)が必要になります...

日本でもアマゾンで購入できる海外用SIMカードもありますので一度チェックしてみることをおすすめします。自分も何回か購入し、海外で使用しています。

まとめ

プリペイドSIMカードの使用を考えている方は、まず自分のスマホが海外で使用できるのかどうかをチェックしましょう。SIMロックがかかった状態だとプリペイドSIMカードは使用することができませんので、公衆Wi-FiかモバイルWi-Fiをレンタルすることになります。

SIMロックは簡単に解除できます。各社が設定している条件に合えばオンライン申し込みから無料で対応してくれます。SIMロック解除に関しては詳しくこちらの記事で説明しています。

SIMロックを解除する方法とは?
docomo、au、Softbankのいづれかと契約して使用している携帯端末(スマホやタブレット)と...

渡航前に時間があるのであればスマホのSIMロックを解除しておき、通信手段の選択肢を増やしておきましょう。

海外でスマホが使いたいと言っても、人それぞれ使用頻度や用途が違います。どういうときに使いたいのか、どれくらい頻繁に使いたいのかを考慮して選ぶようにしましょう。使いたいときに使えないというのはストレスがたまってしまい、楽しい旅行も楽しくなくなってしまいます。

よく使う人は上から順に考えましょう。

  1. プリペイドSIMカード
  2. モバイルWi-Fi
  3. 公衆無線LAN
  4. 国際ローミング

あまり使わないという人は逆に下から考えていきましょう。