【格安SIM】MVNO 7社の料金プランと特典サービス


格安SIMのCMをテレビでもよく見るようになりましたが、いまだ格安SIMの利用率は10%程度と低いのが現状です。その理由に、どの会社のどのプランに決めたらいいのかわからないという方も結構多いんじゃないでしょうか。

料金は安く抑えたいけど、プラン内容がわかりにくくて自分に合ったプランが選べないと感じている人も多いはずです。

この記事では格安SIMに乗り換える時に選ぶポイントと通話プランの料金や特徴を比較します。各社独自で提供しているお得なサービスなども紹介していきたいと思います。

格安SIMを選ぶポイント

格安SIM会社は複数あり何を基準に選べばいいのかわかりませんよね。選ぶポイントをいくつかご紹介します。

そもそも格安SIMが大手の通信キャリアよりも安い理由は何でしょうか?格安SIMを提供する会社をMVNOと読んだりします。MVNOはドコモのような通信キャリアから通信回線を借りて通信サービスを提供しており、設備費などにコストがかからないため低価格でサービスを提供することができます。

国内には大手の通信会社がドコモ・au・ソフトバンクの3社ありますので、格安SIMの会社によって回線を借りている通信会社(ドコモ・au・ソフトバンク)が異なります。

①通信速度

格安SIMを選ぶポイントの一つとして、最初に気になるのが通信速度。動画視聴にストレスがあるなら乗り換えないですよね。回線を借りているので、MVNOは大手通信キャリアには通信速度で劣るというのはよく聞かれます。

その中でもY!mobileはソフトバンクの子会社であり、UQモバイル(UQコミュニケーション)はau(KDDI)の子会社の関係にあるため他社よりもスピードの面では有利と言われています。グループ以外の会社とは差別化されているようです。

②通話

次に通話です。Y!mobileUQモバイル楽天モバイル国内通話を何回かけても無料というサービスをしています。Y!mobileは10分以内の通話かけ放題、UQモバイルは5分以内の通話かけ放題、楽天モバイルは10分以内の通話かけ放題です。通話を多くかける方はかけ放題のあるなしは結構重要ではないでしょうか。

それ以外のMVNO各社の通話料は従量制をとっています。通話料は30秒20円というのが多いです。専用アプリ経由なら通常よりも安くなったりするものもあります。

③初期費用

乗り換える時に初月のプラン料金に加えて考えておかないといけないのが初期費用です。通常は事務手数料SIM発行手数料を払う必要があります。

  • 事務手数料 3,000円
  • SIM発行手数料 400円

各社初期費用に3,400円程度かかるので新規で契約される方は考慮しておきましょう。11/6までIIJmioでは事務手数料が1円になるキャンペーンをやっているので初期費用を低く抑えたい方にオススメです。

④特典やオプション

その他にMVNO各社は独自の特典を用意したり追加オプションを用意しています。楽天モバイルでは楽天ポイントがどんどん貯まったり、UQモバイルLINEモバイルでも音楽ストリーミングやSNS利用のデータ消費ゼロという特典を提供しています。BIGLOBEモバイルでは追加オプションでYouTubeなどストリーミング動画をいくら見てもデータ消費ゼロというものまであります。

プラン料金は各社同じような料金体系ですが、こういった独自のサービスが長期的には利用料金の節約にもつながっていくように思います。現在あなたがスマホでどういったサービスを利用しているかを考えて、使い方に一番合う会社を選ぶようにしましょう。


ここでは楽天モバイルUQモバイルBIGLOBEモバイルY!mobileIIJmioU-mobileLINEモバイルのプラン内容を比較して見ていきます。

格安SIM各社の音声通話付きプラン比較

各社の音声通話付きのプランを表にまとめてみました。

会社名 プラン料金 おすすめ データ繰越
スーパーホーダイ
(10分かけ放題)

  • 2GB/1,980円*
  • 6GB/2,480円*
  • 14GB/4,480円*
  • 24GB/5,480円*

*楽天会員料金

楽天ポイントが貯まる
楽天会員割
ダイヤモンド割
長期割
複数契約割
通話10分かけ放題
あり
おしゃべりプラン
(5分かけ放題)

  • 3GB/1,980円
  • 9GB/2,980円
  • 21GB/4,980円
SNSなどデータ消費ゼロ
通話5分かけ放題
複数契約割
あり
ぴったりプラン

  • 60分/3GB/1,980円
  • 90分/9GB/2,980円
  • 180分/21GB/4,980円
SNSなどデータ消費ゼロ
複数契約割
あり
音声通話SIM

  • 3GB/1,600円
  • 6GB/2,150円
  • 12GB/3,400円
  • 20GB/5,200円
  • 30GB/7,450円
エンタメフリー 月480円
(ストリーミング動画のデータ消費ゼロ)
なし
スマホプラン
(10分間かけ放題)

  • S/3GB/1,980円*
  • M/9GB/2,980円*
  • L/21GB/4,980円*

*ワンキュッパ割で1年間のみ
(2年目はプラス1,000円)

通話10分かけ放題
Yahooプレミアム
雑誌マンガ読み放題
複数契約割

なし
音声通話機能付きSIM

  • 6GB*/1,000円*/SIM2枚まで
  • 12GB*/1,620円*/SIM2枚まで
  • 24GB*/2,660円*/SIM10枚まで

*10/3まで

複数契約で得 あり
MAX25GB 通話プラス

  • 25GB/2,880円

U-mobile

  • 3GB/1,580円
  • 5GB/1,980円

U-mobile ダブルフィックス
(~3GBまで)

  • 1GB未満1480円~
  • 1GB以上1780円

U-mobile LTE使い放題

  • 使い放題/2,980円
  • 使い放題/2,730円

USEN MUSIC SIM

  • 使い放題/2,980円

U-mobile for iPhone

  • 使い放題/2,980円

U-mobile PREMIUM

  • 使い放題/2,980円
一部プランで
Wi-Fiスポット
USEN聞き放題
データ使い放題
なし
LINEフリープラン

  • 1GB/1,200円

コミュニケーションフリープラン

  • 3GB/1,680円
  • 5GB/2,220円
  • 7GB/2,880円
  • 10GB/3,220円

MUSIC+プラン

  • 3GB/2,390円
  • 5GB/2,720円
  • 7GB/3,280円
  • 10GB/3,520円
LINEデータ消費ゼロ
SNSなどデータ消費ゼロ
あり

格安SIM各社は販促のため頻繁にキャンペーンをしています。安いタイミングで契約できるように各社のサイトで最新のプラン価格を確認してみてください。

音声通話のないデータ通信プランも各社用意しています。

楽天モバイル

楽天が提供する楽天モバイルです。ドコモ回線を使用しています。長期で利用すれば安くなるなど様々な割引特典が提供されています。

契約期間:1年〜3年/解約金:9,800円

こういう方におすすめ

楽天会員には特別な割引が適用されます。ダイヤモンド会員になればさらに利用料が安くなります。支払いで楽天ポイントも貯まるので楽天をよく利用される方には最適だと思います。

RakutenTV パ・リーグ 月639円でパ・リーグのライブ試合と見逃し配信を見ることができるオプションがあります。

UQモバイル

深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんが出演するCMでおなじみのUQモバイルです。

人気があるのはおしゃべりプランぴったりプランの2種類。データ量の異なるプラン3つから選び組み合わせます。

UQ家族割りというのもあり家族が契約すると家族分は500円オフになります。

契約期間:2年/解約金:9,500円

こういう方におすすめ

節約モード時はSNS(Facebook,Twitterなど)やネット検索、音楽ストリーミングのデータ消費がどれだけ使ってもカウントされません。スマホの使用がほぼSNSやネット検索や音楽ストリーミングという人も多いはず。どれだけ使ってもデータ量が減らないのは助かります。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルにはデータ通信専用、データ通信SMS機能付きSIM、音声通話付きSIMの3種類があります。docomo回線とau回線を選ぶことができます。データ量は3GBから5つ用意してあり、最大30GBのプランも用意しています。

他社が利用開始月は日割り計算するのに対してBIGLOBEモバイルは無料にしてくれるのもポイントです。

契約金:12ヶ月/解約金:8,000円

こういう方におすすめ

BIGLOBEモバイルではストリーミング動画をよく視聴するユーザーのためにエンタメフリーというオプションを用意しています。月額480円でYouTubeやAbemaなどの動画ストリーミングやSpotifyなどの音楽ストリーミングのデータ消費量がゼロというサービスです。動画を見すぎてすぐに容量オーバーになるユーザーでもこれなら安心です。

Y!mobile

Y!mobileはソフトバンクの子会社でソフトバンク回線を使用しています。回線速度もソフトバンク回線とほぼ同等。

契約期間:2年/解約金:9,500円

こういう方におすすめ

通話をよくする方はY!mobileがお得です。1回10分以内なら固定電話でも他社の携帯電話でも無料です。

Y!mobileユーザーはYahooプレミアムfor Y!mobileのサービスが受けられます。特典はいろいろありますが、その中でも雑誌マンガ読み放題というのは雑誌好きマンガ好きにはうれしいサービスです。

IIJmio

データ通信専用SIM、SMS機能付きSIMと音声通話機能付きSIMがあり、3つのデータ量を選んで組み合わせます。

回線はdocomo回線かau回線かを選ぶことができます。データ通信専用SIMはdocomo回線のみで提供していて、SMS機能付きSIMはau回線の方が少し安いです。

契約期間:12ヶ月/解約金あり

こういう方におすすめ

家族でデータ量をシェアするファミリーシェアプランがあります。10枚まで増やせるので家族のスマホやタブレットにもSIMカードを入れることができます。ファミリーシェアプラン同士なら通話料が安くなるのも嬉しいです。

U-mobile

橋本環奈さんを起用しているU-mobileです。ドコモ回線を使っています。

提供しているプランがとても多いです。1ヶ月25GBの大容量のデータ通信が可能なプランを提供しています。データ通信使い放題というプランもあります。

契約期間:6ヶ月/12ヶ月/解約金:3,500円~9,500円

こういう方におすすめ

USEN MUSIC SIMとLTE使い放題とU-mobile for iPhoneにはWi-Fiスポットサービスが提供されるのでデータ通信を節約することができます。

通話プラス会員には毎月1本U-NEXTで映画を無料で視聴できる特典が付いてきます。U-NEXTは11万本以上のコンテンツをそろえる日本最大級の動画配信サービスです。U-mobileの利用料金に応じてU-NEXTポイントももらえます。

LINEモバイル

通信アプリのLINEも格安SIMを販売しています。ドコモ回線かソフトバンク回線のどちらを使うか選ぶことができます。1GBまでのプラン、データ容量を選べるプラン、音楽ストリーミングが無料なプランの3つのプランがあります。

最安のデータプランは財布に優しい500円のワンコインプランを用意しています。使い切れなかったデータはLINEで繋がっている家族や友達にあげることもできます。

契約期間:12ヶ月/解約金:9,800円

こういう方におすすめ

SNSアプリなどデータフリーサービスがあります。LINEの利用はもちろん、プランによってはFacebookやTwitter、音楽ストリーミング利用時のデータ通信がカウントされません。

まとめ

いかがだったでしょうか。自分の使い方にあったサービスやプランを提供している会社はあったでしょうか?

格安SIMを提供している会社は他にもたくさんありますが、人気のあるのは今回取り上げた7社だと思います。それぞれ特徴があるので自分に合ったものを選びましょう。。SNS利用のカウントゼロや家族間のデータ量シェア、動画視聴無料オプションなど各社独自のサービスを提供しています。

最後に簡単にそれぞれの特徴をまとめてみました。普段のスマホの使い方で合うものがあれば乗り換えを考えてみてもいいかもしれませんね。

  • 通話をよくする楽天ヘビーユーザーは楽天モバイル
  • 通話をしてFacebookやTwitteをよくチェックする人はUQ mobile
  • とにかく動画をよく見るならBIGLOBEモバイルに追加オプション
  • 通話もするし雑誌マンガをよく読むならY!mobile
  • 家族全員で乗り換えを考えているならIIJmio
  • USEN+データ使い放題が魅力ならU-mobile
  • とにかくLINEをよく使う方はLINEモバイル

キャンペーンもよくやっていますので各社のキャンペーン情報をチェックしておきましょう。