「とりあえず海外でスマホを使いたい」ならモバイルWi-Fiをレンタルするのがおすすめ!

ここでは空港でレンタルするモバイルWi-Fiについて説明したいと思います。モバイルWi-Fiという危機をあまり聞きなれない方もいるかもしれませんが、モバイルWi-Fiは海外旅行にあまり慣れていない方におすすめの通信ツールなんです。

海外で自分のスマホを使いたくても通信会社が違うので使うことができないですよね。国際ローミングというサービスはそれぞれの通信会社で提供していますけど、驚くほど高額です。料金システムも少しわかりにくいです。

あまり海外でネット通信することに慣れてない人はWi-Fiルーターのように簡単で便利なのが一番いいと思います。私はプリペイドSIMカードを現在は調達していますけど、海外旅行初心者の間はWi-Fiルーターを借りて通信していたんです。そのおかげで海外でのいろいろな通信方法に興味が湧いていきました。

プリペイドSIMカードのように現地で通信手段を確保すると言ってもなんかちょっと難しいですよね。手間だし、旅行中は難しいことは考えたくないと思います。地図アプリでホテルの場所を確認したり、おすすめのレストランや観光スポットを調べたりできればいいという方もいるはずです。ささっと調べたいものだけ調べれば、あとは旅行を存分に楽しみましょう。

この記事では海外でネット通信するのが比較的簡単な方法であるモバイルWi-Fiの説明をしたいと思います。

  • メリットとデメリットを理解する
  • レンタルする方法

を説明したいと思います。

Wi-Fiルーターを使うメリット

それではWi-Fiルーターのメリットとデメリットを説明していきたいと思います。

複数台接続可能なので通信費の節約になる

モバイルWi-Fiは複数の端末に同時に接続することができます。同時に接続できる台数は機種によりますが、5台以上同時に接続できるものがほとんどだと思います。

ビジネス出張の場合、PCやタブレット、スマホを海外に持っていってもモバイルWi-Fi一台あれば全ての機器でネット通信することができます。

グループで海外旅行するときは断然モバイルWi-Fiがお得です。使用料金をグループで割り勘することができるので通信費を節約することができます。

時間の節約になる

事前に予約する事ができるので、出発時に空港で受け取るだけ。時間の節約になります。空港カウンターでは受け取る内容物の確認と書類にサインするだけなので、5分もかからず受け取る事ができるでしょう。

現地でプリペイドSIMカードを購入するのと比べても色々とメリットはあります。まず訪問先の空港に到着したらすぐにモバイルWi-Fiの電源をオンにすればスマホでメッセージのチェックをすることができます。現地のカウンターはSIMカードを求める人たちで行列ができている事もしばしば。長旅の後に空港からすぐに移動できないのはちょっとしたストレスですよね。そんな時モバイルWi-Fiを持っていればすぐに移動することができます。

設定が簡単

モバイルWi-Fiは設定が簡単で初心者でも簡単にネット通信を始める事ができます。現地SIMカードを使う時のように登録手続き、APNの設定などのアクティベーションは必要ありません。

モバイルWi-Fiの電源をオンにすればモバイルWi-Fiは現地の通信ネットワークに接続します。スマホのWi-Fi設定からモバイルWi-Fiのネットワークに接続し、パスワードを入力すればOKです。

国内でWi-Fiネットワークに接続した事があれば問題はないです。同じようにするだけです。わかりにくい設定もないので初めて使う初心者には安心です。

デメリットは

モバイルWi-Fiにもデメリットというか、気をつけておくべき事はいくつかあります。使い方によっては気になる方もいるかもしれませんが、ほとんどの場合は問題もなく使用できるでしょう。

持ち運び

国内ではスマホだけで通信する事ができますが、海外ではモバイルWi-Fiを使って通信する事になります。あまり持ち慣れないモバイルWi-Fiを持ち運ぶことになり、荷物が一つ増える事になります。旅行の際は荷物を極力減らしたいですが、ネットを使うためなので仕方がありません。モバイルWi-Fiはスマホの半分くらいの大きさです。重さ的にもそれほど負担にはならないでしょう。

バッテリー

モバイルWi-Fiもスマホのようにバッテリーで動きます。バッテリーが切れてしまうと使う事ができません。ずっとオンの状態だと1日使い続けることはできないので、使用する時だけ電源をオンにして使う事になります。

レンタル会社によっては予約時にオプションでモバイルバッテリーを予約する事ができます。バッテリーが切れそうになったらモバイルバッテリーやコンセントに繋いで充電する事ができます。モバイルバッテリーがあればスマホの充電もできるので海外旅行の際には一つ持っていると何かと便利です。

通信制限

レンタル会社はモバイルWi-Fiの使用に通信制限というものを設定しています。

メールチェックやメッセージのやり取り、地図アプリの使用などでは通信制限を受ける事はないかと思いますが、動画の視聴が多かったりすると他のユーザーの通信に影響が出てしまうため、通信制限に引っかかったりします。通信制限を受けてしまうと通信速度が落ちてしまい、ネットに繋がりづらくなってしまいます。これはFair Usage Policy(フェア・ユーゼージ・ポリシー)といってレンタル会社の規約にも書かれています。

通常の使用では問題ないのでモバイルWi-Fiを使った動画の視聴は控えるようにしましょう。

モバイルWi-Fiをレンタルする方法

それでは実際にモバイルWi-Fiをレンタルする流れを見ていきましょう。ここではモバイルWi-Fiのレンタル会社で有名なWi-HO!を例に見ていきたいと思います。

サイトで予約する

まずWi-HO!のサイトを開いてみましょう。メニューに料金プランの説明や使用できる国が書いてあったりしますが、大まかな料金がカンタンに調べることができるのでまずは調べてみましょう。

画面下にあるように「カンタンお見積もり」というものがあります。予約する前にレンタル料金がわかるようになっています。

使用する国通信プラン旅行の日数を入力してどれくらいの金額になるか見てみましょう。試しにハワイの通常プランを7日間レンタルするとして、見積もりを見てみます。

5250円という金額がでました。この料金はモバイルWi-Fiのみの料金です。保険やオプションの料金は含んでいません。このようにモバイルWi-Fiの料金システムはいたってシンプルでわかりやすいです。グループ旅行なら人数で割ることでそれだけ通信費が安くなります。

料金に問題がなければ「Wi-Fiレンタル予約」をクリックし、予約ページに移動します。画面が切り替わり、実際にレンタルする日や受け取る場所や時間などを選択します。受け取り方法は空港で受け取る方法か指定の場所に配達してもらう方法があります。どちらか受け取りやすい方を選択しましょう。

在庫をチェックし、問題なければアカウントにログインし申し込み画面に移動します。アマゾンのアカウントでもログインすることができるので、アマゾンアカウントがあれば申し込みが早く済みます。

予約の申し込みが完了すれば受注確認書というものがメールで送られてきます。当日、空港のカウンターでパスポートとともに見せる必要があるのでプリントアウトしておきましょう。

現地で使用する

モバイルWi-Fiの使い方は簡単です。モバイルWi-Fiの電源をオンにし、スマホでモバイルWi-Fiのネットワークに接続します。複数台同時に接続しても問題ないでしょう。

もし接続できないなど現地でトラブルがあっても、Wi-HO!のコールセンターが24時間サポート対応してくれるので連絡をとってみましょう。

返却して利用終了

日本に帰ってきたらWi-HO!のカウンターに返却するか、宅配で返却して利用終了となります。返し忘れてしまうと延長料金を取られてしまうので気をつけましょう。

これが予約から返却までの流れです。初めてレンタルする方でも問題なく利用できるかと思います。

まとめ

モバイルWi-Fiのメリットとデメリットを理解して、海外旅行で快適にネッット通信しましょう。もう一度おさらいしてみます。モバイルWi-Fiの減りは以下の通りです。

  • 複数台の接続で料金の節約
  • 予約・受け取りで時間の節約
  • 設定がとても簡単

です。初心者の方やグループ旅行の方に特におすすめです。逆に気をつけておくべき点は

  • 持ち運び
  • バッテリー
  • 通信制限

になります。普段持ち慣れないものですから紛失には気をつけましょう。

モバイルWi-Fiに興味がある方は、まずはどれくらいの料金になるかWi-HO!のサイトで見積もりを見てみましょう。