海外に行く前にやっておきたいスマホの設定


パケ死っていう言葉を聞いたことがありますか?海外旅行でスマホの使い過ぎたせいで帰国後に高額請求がきてしまうことなのですが、人によっては何十万円というビックリするような請求が来ることがあるようです。海外旅行でも便利なスマホを活用したいものですが、高額請求されないためにも注意しておく点がいくつかあるので知っておきましょう。

海外ではどういった通信手段があるのかを知った上で、スマホの設定を変更するのが高額請求を回避する賢い方法です。ここではそれぞれの通信手段にあったスマホの設定を解説していきたいと思います。

海外での通信手段

スマホで道を調べたりレストランを検索する時、スマホが通信回線に繋がっている必要があります。通信回線に繋がっているということは電話回線Wi-Fiネットワークに繋がっているということです。

海外旅行時の電話回線というのは現地の通信会社の回線のことです。日本の通信会社が国際ローミングとしてていきょうしているさーびすも現地の通信会社の回線を使用しています。Wi-Fiネットワークは公共施設やホテルで飛んでいるものを受けたり、レンタルWi-Fiルーターを借りて使用するということです。

  1. 国際ローミングサービス(電話回線)
  2. 現地プリペイドSIMカード(電話回線)
  3. 公衆Wi-Fi
  4. レンタルWi-Fiルーター

海外でネットをする際、上の4つの方法が考えられます。場所や通信環境にもよりますが、公衆Wi-Fiを上手に組み合わせながらスマホを使うことが多いです。現地プリペイドSIMカードを使用するにはSIMフリースマホSIMロックが解除されたスマホを持っている必要があります。どちらも持っていなければ選択肢から外れます。

あなたのスマホはSIMフリーですか?
「SIMフリー」という言葉はよく聞くようになりましたが、「SIMフリーって何のこと?」という方もいる...

海外での通信手段の種類がわかったところで、スマホの使い過ぎによる高額請求を防ぐためにやるべきことを解説していきたいと思います。

国際ローミングを使用するかどうか

日本で契約しているドコモやau、ソフトバンクでは国際ローミングサービスを提供しています。詳しくは下のリンク記事に書いてありますが、このサービスでは提携している現地の通信会社の通信回線を使用します。まずは国際ローミングサービスを利用するかどうかを決めます。

【国際ローミング】知っておきたいドコモ・au・ソフトバンクの国際料金と使い方
日本で契約している携帯やスマホをそのまま海外で利用することを「国際ローミング」といいます。国際ローミ...

国際ローミングサービスを受けるためには、必ず事前にサービスに申し込んでおく必要があります。

よくあるのがスマホのローミング設定がオンになった状態で渡航してしまい、スマホが使えるのは自動的に国際ローミングサービスに加入したものだと勘違いして継続的に使用してしまうことです。そのまま使用し続けてしまうと高額請求が来てしまいます。

この国際ローミングサービスは事前に申し込むことで1日の使用が定額で利用できるというものです。他の方法と比べて価格は少し高いですがサービスに加入しておくことでパケ死を防ぐことができます。手続きもアカウントページから申し込めるので簡単に利用開始できます。

ローミング設定をオフにする

国際ローミングは使わない、高額請求は避けたいと思う方はローミング設定を必ずオフにしておきましょう。

オフにしておかないとメールの自動取得などで捜査していなくてもスマホが勝手に通信を始めてしまいます。盲点なのがアプリの自動更新や自動バックアップによるデータ通信です。こちらもオフにしておきましょう。アプリなどは通信量を食うデータの大きいものが多いのでローミングでのダウンロードは避けましょう。

プリペイドSIMカードでもレンタルWi-Fiでも不必要な通信はなくしておきたいものです。iPhoneにはモバイルデータ通信量を計測できる機能があるので上手に使いましょう。

公衆Wi-FiやレンタルWi-Fiルーターだけ使用するという方は飛行機マークの機内モードに切り替えましょう。一旦機内モードに切り替えてから、Wi-Fi設定をオンにするとモバイル通信はオフの状態で通信することができます。いつの間にかもばいつ通信を使っているということがないので安心です。

海外に行く際にはどういった通信手段があるのかを知っておきましょう。その上で自分に合った利用方法を選択するようにしましょう。