【Q&A】プリペイドSIMカードで通話ってできるの?


海外旅行中にスマホで電話をかけたい場合、どうしますか?別行動している友人に連絡を取りたい、現地のレストランに予約をしたい、現地の人とコンタクトを取りたいなど様々なシチュエーションがあります。話したい相手が知り合いならLINEの無料通話でもことが足りるかもしれませんが、そうでない場合はどうすればいいでしょうか。

日本にいるときは通信手段についてあまり考えることはありませんが、海外では状況は少し違います。日本で使っていたスマホを海外に持っていっても現地の電話回線のネットワークにつながっていないので電話をかけることができません。日本の通信会社の海外ローミングサービスを使うことで現地の通信ネットワークにアクセスすることができますが、高額な利用料金を請求されてしまうのでおすすめはしません。

もしSIMフリーのスマホを持っているなら現地のSIMカードを購入することで日本と同じように通話することができます。

ここでは

  • どういった種類のSIMカードがあるのか
  • 電話をかける方法
  • LINEの無料通話

など、あまりSIMカードを購入したことがない人向けに説明したいと思います。海外旅行での通話に関する不安や疑問が少しでも解消できればと思います。

SIMカードにはどういった種類があるのか?

SIMカードには用途の違う2種類のタイプがあります。

  • 通話用SIMカード
  • データ通信専用SIMカード

通話用SIMカードは通話する必要がある人が購入するSIMカードです。電話番号が付与されているので電話をかけることもできますし、受けることができます。

一方、データ通信専用SIMカードは固定電話や携帯電話に電話をすることはできません。もちろん電話を受けることもできません。その代わり、データ通信をすることができます。データ通信専用SIMカードはスマホやタブレット、Wi-Fiルーターでデータ通信のみ使用する人が購入するSIMカードになります。

2種類とも販売している通信会社もあれば、どちらか一方しか販売していない通信会社もあります。通信会社によって違いますので、確認しておく必要があります。

最近の傾向としてはデータ通信専用SIMカードというのはあまりなくなってきているように思います。世界的にスマホが多くなってきているので、『通話もできてデータ通信もできるSIMカード』に需要があるように思います。通話機能を必要としないタブレットでも通話用SIMカードを入れて使用しても問題はありません。

通信会社によってはSIMカードを購入した後、通話用クレジットやデータ通信用クレジットを購入するものがあります。最初から通信プランが決められているわけではなく、購入者の使い方に合うようにカスタマイズすることができます。この場合、SIMカード自体の価格は安いことが多いです。

電話をかける方法は?

それでは、通話用SIMカードを購入した場合の電話のかけ方を説明していきましょう。

まず電話をかける前に、購入したSIMカードの電話番号を確認しておきましょう。購入したSIMカードのパッケージに書いてあったり、スマホの電話画面で確認することができます。

電話をかける方法というのは日本と変わりません。市外局番が何番なのかを確認しておくことくらいでしょう。国際電話をかける場合は通常の+81から相手先の電話番号の頭の0を抜いた番号をダイアルします。

通話料金について

国内通話であれ国際通話であれ、電話料金はその通信会社の料金設定に従うことになります。電話をよくかける予定なら通話料金が気になるところですが、通話料金はそれほど通信会社によって大きな差はないでしょう。

プリペイドSIMカードの場合、電話をかけるには先に通話クレジットをSIMカードにチャージしていないと通話することができません。チャージが残金ゼロでは通話することができません。通話クレジットはそのチャージ額から差し引かれることになります。通信会社によりますが、SIMカードを購入した時点でいくらかチャージされている場合もあるので確認しておきましょう。

通話クレジットの確認はアプリを提供している通信会社ならアプリで確認することができます。それ以外の方法は確認用の電話番号にSMSを送信したり、電話をかけたりすると残額がSMSで返信されてくるというものがあります。

国際通話料金について

アジアの国では『IDD』という国際電話サービスを提供している通信会社があります。そのIDDというのは『International Direct Dialing』の略称で、国際ダイレクト通話と呼ばれています。オペレーターを通さず直接相手先の電話番号にかけることで、通常の国際電話の料金よりも何割か割安にかけることができるというものです。通信会社がIDDを提供しているかどうか、日本がそのサービスの対象国かどうかは通信会社に確認する必要があります。

料金がかかるのは国際電話をかける場合のみということが多く、国際電話の受信は無料ということが多いです。

海外でLINEの無料電話は使えるの?

LINEの無料通話というのがあり、みなさんもよく使うかと思います。

LINEの無料通話はインターネット回線を使用する通話なので、通話用SIMカードを購入していなくても使うことができます。海外でもLINEの無料通話が使えるは大変便利ですが、使用するときにはインターネットにつながっている必要があります。データ通信専用SIMカードを購入するか、Wi-Fiを利用して無料通話をすることになります。

まとめ

プリペイドSIMカードだからといってすべてのものが通話ができないということはありません。通話用SIMカードを現地で購入すれば、日本と同じように電話をかけることができます。ビジネスなどで海外出張先で通話する必要がある場合は、SIMフリースマホを用意して通話用SIMカードを購入しましょう。

海外旅行でSIMカードを購入するにあたっては、現地でどういった通信を必要とするのかを考えておきましょう。通話用とデータ通信用と2種類販売している通信会社では、通話用のSIMカードの価格の方が高いことが多いですので、もし通話を必要としないのであればデータ通信用のSIMカードを購入することをおすすめします。