台北松山空港では中華電信のSIMカードが購入可能

この記事は約2分で読めます。

台北にある松山国際空港では中華電信のSIMカードが購入可能です。この記事ではサービスカウンターの場所と購入できるSIMカードの紹介をしていきたいと思います。

台北の近くには松山国際空港桃園国際空港があります。桃園国際空港ではTaiwan Mobile(台灣大哥大)やFarEasToneなど他社のSIMカードが購入できるのですが、松山国際空港には中華電信以外のサービスカウンターがありません。ですので、松山空港に到着の場合、空港では中華電信のSIMカードを購入することになります。

中華電信で問題があるかといえば、問題は全くありません。中華電信は台湾でも大手の通信会社です。通信環境やスピードが問題になることはないでしょう。台湾のSIMカードのプランや価格は通信各社で同じような設定です。どこを選んでも特に問題なく、同レベルのサービスが受けられるという印象です。

スポンサーリンク

中華電信のサービスカウンター

中華電信のサービスカウンターは国際ターミナルの一階にあります。到着ロビーを出て、左方向に進めばすぐに見つけることができます。

松山空港中華電信マップ

中華電信サイトより

台北松山空港 中華電信カウンター

営業時間:07:00-23:00(年中無休)

中華電信 空港価格表

中華電信プリペイドSIMカード価格表

空港では観光客用に用意されたSIMカードが販売されています。すべて音声通話付きです。通信データはすべて無制限の使用ができるので、いくらデータ通信しても心配いりません。

Aプランは利用期間が3日間、データ通信無制限の使用でNT$300。日本円でおよそ¥1,100です。何日滞在する予定なのかでプランを選べばいいと思います。

サービスカウンターではクレジットカードはもちろんApplePayやGooglePayも使えます。

[amazon_link asins=’4777821714′ template=’JS’ store=’prepaidsims-22′ marketplace=’JP’ link_id=’aeefce50-c83a-11e8-a0fc-554467d0f715′]

コメント

タイトルとURLをコピーしました