台北松山空港では中華電信のSIMカードが購入可能


台北にある松山国際空港では中華電信のSIMカードが購入可能です。この記事ではサービスカウンターの場所と購入できるSIMカードの紹介をしていきたいと思います。

台北の近くには松山国際空港桃園国際空港があります。桃園国際空港ではTaiwan Mobile(台灣大哥大)やFarEasToneなど他社のSIMカードが購入できるのですが、松山国際空港には中華電信以外のサービスカウンターがありません。ですので、松山空港に到着の場合、空港では中華電信のSIMカードを購入することになります。

中華電信で問題があるかといえば、問題は全くありません。中華電信は台湾でも大手の通信会社です。通信環境やスピードが問題になることはないでしょう。台湾のSIMカードのプランや価格は通信各社で同じような設定です。どこを選んでも特に問題なく、同レベルのサービスが受けられるという印象です。

中華電信のサービスカウンター

中華電信のサービスカウンターは国際ターミナルの一階にあります。到着ロビーを出て、左方向に進めばすぐに見つけることができます。

松山空港中華電信マップ

中華電信サイトより

台北松山空港 中華電信カウンター

営業時間:07:00-23:00(年中無休)

中華電信 空港価格表

中華電信プリペイドSIMカード価格表

空港では観光客用に用意されたSIMカードが販売されています。すべて音声通話付きです。通信データはすべて無制限の使用ができるので、いくらデータ通信しても心配いりません。

Aプランは利用期間が3日間、データ通信無制限の使用でNT$300。日本円でおよそ¥1,100です。何日滞在する予定なのかでプランを選べばいいと思います。

サービスカウンターではクレジットカードはもちろんApplePayやGooglePayも使えます。

Amazon.co.jpで買う
初心者へのおすすめはモバイルWi-Fiです!

このサイトで紹介している海外のプリペイドSIMカードは、SIMフリースマホかSIMロックが解除されたスマホが必要になります。SIMロックのかかったスマホでは使用することができませんので注意です。もし、SIMカードの購入に不安がある場合はモバイルWi-Fiをレンタルすることをおすすめします。

こちらのページでも詳しく説明しています。時間のあるときに読んでみてください。
海外でスマホを使いたいなら!モバイルWi-Fiをレンタルしよう!

Wi-HO!(ワイホー)では最大40%オフになるキャンペーン中です。詳しくは下記の公式サイトでキャンペーン内容をチェックしてみてください。