【高雄空港】中華電信と台灣大哥大の販売場所とプランの説明


台湾の高雄国際空港でSIMカードを購入する場所などを紹介したいと思います。

台湾に旅行に行く人は桃園国際空港や松山国際空港を使う人がほとんどだと思います。自分は今まで3回台湾に行ったことがありましたが、今回初めて高雄空港を使いました。でも調べてみたら日本から高雄空港に発着するのは札幌、成田、名古屋、関西、福岡、熊本、沖縄と意外に多い。

人や車が多い台北に飽きたら、ディープな高雄や台南を旅行するのもおすすめです。

高雄空港の販売場所

高雄国際空港はこじんまりとした地方空港です。特に問題もなく販売カウンターを見つけることができると思います。荷物を受け取り後、広い空港ロビーに出てきたら左側に進みましょう。向かい側に販売カウンターが並んでいるのが見えます。

Takao Airport Lobby

中華電信も台湾モバイル(台灣大哥大)も台湾では大手の通信キャリアです。LTE回線で通信できるので回線速度で問題になることはないでしょう。

Takao Airport Mobile Shop

中華電信

中華電信 販売カウンター

  • 営業時間:08:00〜20:00(年中無休)

空港カウンターにあった価格表

Prepaid SIM for Taiwan|中華電信 4G LTE プリペイドカード|Chunghwa Telecom
台湾旅行のネット接続で中華電信の4Gプリペイドカードをお選びいただくと、日割りプランには4Gネット接続無制限+50,000箇所のWi-Fiスポットでの無料利用が含まれており、同行の方と自由にネットワークを共有することができます。また、空港及び観光地の各店舗で手続き後、すぐにご利用いただくことができ、台湾旅行を楽しむ旅行...

こちらは中華電信の公式ページです。日本語でSIMカードの説明があるので購入を考えている方は読んでおきましょう。

中華電信はSIMカード購入者にWi-Fiサービスを無料で提供しています。

台湾モバイル(台灣大哥大)

台湾モバイルのSIMカードが購入できる場所は2ヶ所あります。スターバックス近くの観光案内所の隣と中華電信の隣にカウンターを設けています。

  • 営業時間:08:00〜21:00(年中無休)

空港カウンターにある価格表

{{title}}

台湾モバイルの公式ページです。英語ページになります。

まとめ

高雄国際空港では中華電信台湾モバイルのSIMカードが購入可能です。

プランは台湾での滞在期間で購入するといいでしょう。各社同じくらいの価格設定です。5日間のプランが1,200円くらいだと思います。回線速度もあまり変わらないかと思うので、カウンターに人が並んでいない方でいいんじゃないかと思います。

営業時間が20時や21時までなので覚えておきましょう。日本から21時以降に到着する便が結構あります。空港で購入することをあてにしていると、営業時間が終わってしまっているということもありますので気をつけましょう。

私が行った時も22時を過ぎていたのでカウンターには誰もいませんでした。営業時間は調べていたので、事前にアマゾンで台湾用のSIMカードを購入しておきました。遅い便を使うという方はアマゾンで購入したほうが楽で便利かと思います。

中華電信のSIMカードはテレコムスクエアが日本の空港カウンターで販売しています。一種類ではありますがデータ通信無制限5日間用通話付きSIMカードを購入することができます。

台湾と韓国のSIMカードは国内空港で事前に購入するのがスマート!
テレコムスクエアは台湾の中華電信と韓国のKTのSIMカードを国内空港にあるモバイルセンターで販売して...

中華電信台湾モバイルの通信プランの詳細はこちらのページにまとめています。

【台湾SIM】中華電信・台湾大哥大・FarEasTone・T Starのおすすめプランは?
海外旅行で人気の台湾では通信各社とも空港限定の観光客用のプランを用意しています。 空港...
初心者へのおすすめはモバイルWi-Fiです!

このサイトで紹介している海外のプリペイドSIMカードは、SIMフリースマホかSIMロックが解除されたスマホが必要になります。SIMロックのかかったスマホでは使用することができませんので注意です。もし、SIMカードの購入に不安がある場合はモバイルWi-Fiをレンタルすることをおすすめします。

こちらのページでも詳しく説明しています。時間のあるときに読んでみてください。
海外でスマホを使いたいなら!モバイルWi-Fiをレンタルしよう!

Wi-HO!(ワイホー)では2月28日まで最大40%オフになるキャンペーン中です。詳しくは下記の公式サイトでキャンペーン内容をチェックしてみてください。