【イギリスSIM】現地SIMカードの通信プランの説明とおすすめSIMカードについて


イギリスで主に使用されている4G/LTE周波数帯はBand 3(1800MHz), 7(2600MHz), 20(800MHz)です。ヨーロッパやアジアでよく使用されている周波数帯です。SIMフリー端末だとおおむね対応しているものだと思いますが、SIMロックを解除したスマートフォンを使用する際は一度対応周波数帯を確認しましょう。

4G/LTE周波数帯

EE B3 (1800 +) B7 (2600) B20 (800 DD)
Vodafone B1 (2100) B3 (1800 +) B7 (2600) B20 (800 DD)
O2 B3 (1800 +) B20 (800 DD)
B3 (1800 +) B20 (800 DD)

イギリスには50社ほどのMVNOがありますが、4Gサービスを提供しているのはその中でも数社のみということです。ここでは大手キャリアのみを取り上げています。

空港での購入場所

ヒースロー空港ターミナル2、3、5

  • 自動販売機:入国審査を抜けたところや到着ロビー内
  • 店舗:到着ロビーにsim LOCALやWHSmithがあり、通信各社のSIMカードを取り扱っています。sim LOCALの営業時間は6:00から22:00です。

注意:市内のショップでSIMを購入するとSIM代がかからないのですが、空港で購入するSIMカードはSIM代として10ポンドほど価格が上乗せされていて割高です。すぐに必要でなければ空港では無料の空港Wi-Fiを使用し、市内に出てから購入しましょう。

海外のサイトですがsim LOCALでオンライン購入し、ホテル受け取りにする方法もあります。

​日本のAmazonでもEE、O2と3(スリー)のSIMカードが購入でき便利です。空港に到着後、すぐに使用したいのであれば事前に購入しておきましょう。

EE

2010年にOrange UKとT-Mobile UKが合弁したことにより、現在シェア1位のEEです。ちなみにEEというのはEverything Everywhereの頭文字ということです。

4Gのカバー率(85%)は4社の中で1位であり、2020年までに95%にするとしています。4G+という4Gよりも速い通信スピードのサービスも提供を開始しています。

アプリのダウンロードページ
ショップ所在地
カバレッジマップ(住所を入れるとマップ表示できるようになります)

Pay As You Go

Pay As You Goプラン
  • 初期クレジット:なし
  • 利用期間:30日
  • 通話:◯
  • SMS:◯
  • 4G/LTE通信:◯
  • LTE周波数帯:800MHz(B20)1800MHz(B3) 2600MHz(B7)
  • SIMサイズ:マルチSIM(標準/Micro/Nano)
  • Wi-Fi接続:× / EUローミング:◯ / テザリング:◯
  • APN:everywhere

​プラン名
通話
データ通信
​SMS
£5 Everything Pack
50
250 MB
250
£10 Data Pack
100
500 MB
1000
£10 Everything Pack
150
1 GB
無制限
£10 Talk&Text Pack
250
2 GB
無制限
£15 Data Pack
250
4 GB
​無制限
​£15 Everything Pack
500
2 GB
​無制限
£20 Everthing Pack
750
3 GB
無制限
£25 Everything Pack
1000
5 GB
​無制限


国際電話
日本に国際電話をかけるにはInternational EXTRAオプションを月20ポンドでつける必要があります。このオプションをつけると5つの電話番号に計500分の通話ができるということです。

イギリス国内で最大手のEEですので、ネット上の評判もいいものが多いです。ここのSIMを買っておけば通信スピードや安定性は安心できるレベルでしょう。

空港などで購入できるのは3種類あるEverything Packのうちの£10や£15のものです。£15のEverythiing Packは日本円で約2200円。データ通信は2GBになります。あまり電話はしないという方は£15のData Packの方が同価格でデータ通信4GBでお得なので、市内のショップへ出向いてこちらを購入した方がいいかもしれません。

Amazon.co.jpで買う

Vodafone

アプリページ
ショップ所在地
カバレッジマップ

Big Value Bundleプラン

Big Value Bundle
  • 利用期間:30日
  • 通話:◯
  • SMS:◯
  • 4G/LTE通信:◯
  • LTE周波数帯:800MHz(B20) 2600MHz(B7)
  • SIMサイズ:マルチSIM(標準/Micro/Nano)
  • Wi-Fi接続:× / ローミング:◯(ヨーロッパゾーン可) / テザリング:◯
  • APN:internet

価格
通話
​SMS
データ通信
£ 5
100
250
100 MB
£ 10
200
無制限
1 GB
£ 20
1000
無制限
6 GB
£ 30
3000
無制限
20 GB

アクティベ-ト
17298に電話

残高確認
*#1345#

トップアップ説明ページ
2345に電話

日本へ国際電話(通常)
固定電話へ £1.50/min
携帯電話へ £1.50/min
SMS 24p/sms

*国際電話は36888へ電話すると割引料金が適用されます。
(Opt In時)
固定電話へ 5p/min
携帯電話へ 25p/min


EEに比べデータ通信容量が大きいです。6GBが20ポンドで約2900円。

O2

アプリ説明ページ
ショップ所在地
カバレッジマップ
Wi-Fiホットスポット

Pay As You Go Big Bundleプラン

Pay As You Go Big Bundle
  • 利用期間:30日(SIMは6ヶ月間有効)
  • 通話:◯
  • SMS:◯
  • 4G/LTE通信:◯
  • LTE周波数帯:800MHz(B20)1800MHz(B3)
  • SIMサイズ:標準/Micro/Nano
  • Wi-Fi接続:◯/ ローミング:◯ / テザリング:◯
  • APN:payandgo.o2.co.uk
    • user:payandgo
    • password:password

価格
通話
SMS
データ通信
£ 10
100min
1000
500 MB
£ 10
100min
100
1 GB
£ 15
750
2000
2 GB
£ 20
1500min
4000
3 GB
£ 25
3000min
4000
5 GB
£ 30
3000min
4000
20 GB

残高確認
*#10#

​日本へ国際電話
21300に電話してプラン変更後
固定電話へ 3p/min
携帯電話へ 14p/min

iPad SIM

データ通信専用のSIMプランです。iPad用とタブレット用の2種類あります。タブレット用のSIMプランはデータ通信1 GBのプランがなかったり、12 GBの価格が高かったりします。どちらもO2W-Fiが使用できます。

価格
データ通信
利用期間
£ 10
1 GB
30日間
£ 16
3 GB
30日間
£ ​25
5 GB
90日間
£ ​40
12 GB
12ヶ月間

Tablet SIM

こちらはタブレットやWi-Fiルーター用のSIMプランとしています。

価格
データ通信
利用期間
£ 16
3 GB
30日間
£ 25
5 GB
90日間
£ ​60
12 GB
12ヶ月間

EEと同じような価格帯です。3GBのプランは20ポンドなので約2900円。O2はWi-Fiサービスを提供しているので、プランのデータ通信は少なくてもいいかもしれません。

3

他3社を追いかける立場の新興通信キャリアの3(スリー)です。他社に比べ低価格のサービスを提供しているのが特徴です。フリーWi-FiサービスをプリペイドSIMカードのユーザーにも提供しているのも嬉しいところです。

海外ローミング
「Feel At Home」の名で世界48カ国でローミングが可能というサービスを追加料金なしで提供しています。EU諸国はもちろん、アメリカやオーストラリアなどでも使用できます。ローミング説明ページ(英語)

スリーの4G周波数帯はバンド3(800MHz)とバンド20(1800MHz)です。ほとんどのSIMフリー端末は対応しているでしょう。

アプリダウンロード
​​ショップ所在地
カバレッジマップ
4Gカバーエリアは都心部には強いですが、郊外では弱い傾向があります。2016年時点で60%の人口カバー率ということです。使用する場所の通信環境を確認しておきましょう

Pay As You Go

Pay As You Go
  • 利用期間:30日間
  • 通話:◯(3000min)
  • SMS:◯(3000文字)
  • 4G/LTE通信:◯
  • LTE周波数帯:800MHz(B20)1800MHz(B3)
  • SIMサイズ:マルチSIM(標準/Micro/Nano)
  • Wi-Fi接続:◯ / ローミング:◯ / テザリング:x
  • APN:three.co.uk

価格
通話
SMS
データ通信
£ 10
3000min
3000文字
1 GB
£ 15
3000min
3000文字
5 GB
£ 20
3000min
3000文字
12​ GB
​£ 25
3000min
3000文字
30​ GB
£ 35
3000min
3000文字
無制限

Wi-Fi通話
携帯電波の弱いところ(屋内や地下など)でも通話ができるように、Wi-Fi環境があれば通話ができるサービスを提供しています。
設定>通話>Wi-Fi通話
オンにする必要があります

日本へ国際電話
(通常)
固定電話 £ 1.02/min
携帯電話 £ 1.02/min

415を頭につけると国際電話が安くなります
固定電話 10p/min
携帯電話 4p/min

Pay As You Go Data SIM

Pay As You Go Data SIM
  • SMS:別料金 (10.2p/SMS)
  • 4G/LTE通信:◯
  • LTE周波数帯:800MHz(B20)1800MHz(B3)
  • SIMサイズ:マルチSIM(標準/Micro/Nano)
  • Wi-Fi接続:◯ / ローミング:◯ / テザリング:x
  • APN:three.co.uk

価格
データ通信
利用期間
£ 10
1 GB
30日間
£ 16
3 GB
3ヶ月間
£ 40
12 GB
一年間

スリーのデータ通信用SIMカードはAmazonや楽天市場でも購入することができます。イギリスへ渡航するときだけでなく、SIMカードを購入しにくくなったドイツへ行かれる場合にもおすすめです。

注意点
こちらのデータSIMは4G通信可能ですが、他国でローミングする場合は3G通信のみとなります。あとEU圏では4ヶ月、それ以外では2ヶ月以上の海外ローミングを継続して使用することはできなくなっていますので注意が必要です。


Pay As You Goプランの価格は12GBが20ポンドで約2900円、データ通信無制限が35ポンドで約5200円です。価格は高いですが他社に無制限プランは今のところないのでデータ通信をよく使う方はデータ通信量の心配する必要なく使用できます。一週間の滞在で地図アプリやSNS使用目的なら5GBでも十分な気がしますので、約2200円で5GBプランは他社より割安ですね。

データ通信用は通話用に比べ少し割高な気もしますが、日本で事前に購入できるメリット大きい気がします。

まとめ

イギリスのおすすめは?

通信環境の安定性を取ればイギリス最大手のEEを選ぶべきだと思います。3はコスパ面で他社より頭一つ出ており、その間をいくのがVodafoneという感じです。

1GBプランを選ぶのであれば各社10ポンドと同価格なので、Wi-Fiサービスを無料で提供しているO2がお得かもしれません。

空港で販売しているSIMカードは割高だということは覚えておきましょう。時間に余裕があるのであればSIMカードを空港では買わず、ネット環境が必要であれば空港Wi-Fiを使用するようにしましょう。街中に出てからキャリアショップ等でSIMカードを購入した方が価格は安いのでそちらで購入するようにしましょう。

日本でもAmazonでイギリスのSIMを購入することすることができるので、渡航前に購入しておくと空港に到着後すぐにネットが使用できるので便利です。

初心者へのおすすめはモバイルWi-Fiです!

このサイトで紹介している海外のプリペイドSIMカードは、SIMフリースマホかSIMロックが解除されたスマホが必要になります。SIMロックのかかったスマホでは使用することができませんので注意です。もし、SIMカードの購入に不安がある場合はモバイルWi-Fiをレンタルすることをおすすめします。

こちらのページでも詳しく説明しています。時間のあるときに読んでみてください。
海外でスマホを使いたいなら!モバイルWi-Fiをレンタルしよう!

Wi-HO!(ワイホー)では最大40%オフになるキャンペーン中です。詳しくは下記の公式サイトでキャンペーン内容をチェックしてみてください。